お仕事 エピソード3

憂さ晴らし等の日記です。

神様に送ったメール

特別お題「おもいでのケータイ」

私が初めて携帯を手にしたのはたしか高校一年生ぐらいの時、J-フォンだった。

はじめはテンション上がったけど、ケータイでやりとりするような友達もいない。使い道はほぼ家族との連絡のみ。
そう日が経たないうちにつまらなくなった。

ある日、面白半分で、神様にメールを送ってみようと思い立った。
「神様の名前@xxx.xxx.xxx」みたいな宛先に、以下のような文面で。

「友達が欲しい、彼女が欲しい、大金持ちになりたい、プレステ欲しい、天才になりたい、セックスしたい、強くなりたい、格好よくなりたい、とにかくモテたい、宝くじ当たりたい、ドイツに行きたい、長生きしたい…etc」

コミュニケーションもへったくれもない、ありったけの、混じりっ気なしの私的願望・煩悩のみを込めたメールをしたため、送信ボタンを押した。

すぐに宛先不明のお知らせが来るだろうなと思っていた。でも、何時まで経っても来なかった。
当然ながら、返事も来なかった。むしろ、これで返事がきたら恥ずかしさと衝撃のあまり数日腹を下していたに違いない。

このメールを受け取った「神様」はさぞかし驚いたことだろう。この場をお借りして謝罪したい。
すいませんでした。


sponsored by KDDI